FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府の品位

今、中国が尖閣諸島、韓国が竹島について日本と領有権でもめている。しかも日本も含めて、3カ国とも各首脳の入れ替え時期を直前に控えての行動である。で、3つの国の主張の仕方を比べて見ると、中国が一番品が無く、続いて韓国も品性がない。日本は一番冷静である。尖閣諸島問題のスタートは、島の近海に資源が見つかってからである。中国がモンゴルやチベットを独立させないのは、レアメタルなど資源豊富な地域だからだし、東シナ海の領有権主張も海底油田のためだ。また韓国も漁業権確保のために、もう50年以上も違法支配を続けている。彼らは国際司法裁判所に裁決をしてもらう気など毛頭ない。北方領土もそうだが、実行支配をすると、違法でも国際法上、支配が50年を越えると、支配している国の物になることを彼らは知っているのだ。それにしても汚いやり方だ。日本はそんな汚いやり方をしないので、領土を確保できない。汚いやり方をしてまで、領土を支配するほうがいいのか。それとも領有権をあきらめるのか。難しい。あなたはどう思いますか?
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

Secret

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。