天皇家の儀式

今、皇室は非常事態である。何故か。実は皇室には、天皇陛下、皇后陛下しかできない儀式というものが存在し、誰か代わりにするわけにはいかない儀式がある。皇室の神道は皇室神道、その他を神社神道と言うのだが、今の皇太子はともかく、雅子様が皇后様がなさる儀式を、一切学ばず、受け付けないため、皇室神道が危機に瀕しているらしいのだ。たかが儀式くらいと思う無かれ。今の天皇がなさる儀式は国家安泰を願う、秘儀式的なものも含まれ、簡単にあきらめてはいけないのである。今の今上天皇もいつまでも長生きされるわけでもなく、早く皇太子が雅子様を説得して、皇室神道を守り抜かないとこの国は大変なことになる。冗談か適当なこと書いたと思った人。今から数年間、皇室を観察していってください。
スポンサーサイト

テーマ : 神社
ジャンル : 学問・文化・芸術

センター試験終了!

1月20日(日)に大学入試センター試験が終わった。我が息子は昨年、このセンター試験であまり芳しくない成績だったため、2次でもうまくいかず浪人生活へと突入した。しかし、この1年の必死の努力と予備校のご指導のおかげで、ものすごくがんばった結果、今度のセンター試験は、去年よりうまくいったようだ。あと健康に過ごせたのも大きい。あと2次試験が残っているので、気を緩めることはまだできないが、最後の追い込みをがんばって欲しい。ひとまず今日と明日はゆっくりして、またあと1ヶ月親子で乗り切っていきましょう。ファイト息子!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

体罰とスポーツと教育

大阪の市立桜宮高校で、バスケット部主将が自殺したニュース。皆さんはどう思いますか。体罰を受けて、気合いが入ったし、昔からあったと思っている人いませんか。かくいう私も、初任時代、野球部を受け持っていた頃、生徒にけつバットしたり、いたずらした生徒にビンタしたことがありました。また、夜遊びして朝帰りした女子生徒をたたいたこともあります。でも、35才以降生徒に体罰をしたのは、授業中にひどい騒ぎ立てをした生徒に、げんこつをしたことが数回あるだけで、あとはほとんど手をださなくなりました。なぜか。実は体罰は、やった割にはあまり効果がないし、それどころか逆効果だということ、人によってはひどいトラウマになることが分かってきたからです。考えても見てください。大人の私たちでさえ、もし職場で上司が暴力で言うことを聞かせようとして黙っていますか?言うことを聞くどころか、警察に訴えますよね。でも学校にいる生徒は、先生が殴ったからといって訴えることはほとんどありませんよね。弱い立場の人間だからです。大けがでもしない限り、黙っていることが多いと思います。特に、意味のない体罰に対しては、反発こそすれ、やる気を起こしたり尊敬の念を抱くことはまずありません。体罰、本当の教育ではないのです。言葉で、筋を通して言って聞かせ、生徒自ら考え、行動し、成長していけるようにするのが、(とてもとてもとても大変ですが)教育です。プロスポーツの世界に限ってみても、殴る指導により、世界一の選手やチームが誕生することは皆無です。アマチュア界の学校スポーツだけが例外です。殴る指導しかできない先生に、一切体罰禁止の中で、生徒を優勝させることができるでしょうか。わたしはできないと思います。生徒のやる気を起こし、生徒自ら動くようにし、指導者はポイントだけ指示する指導。これこそが本当の教育です。それにしても。公立校で18年も人事異動がない先生がいる学校。停職を受けた先生がまた元の鞘に収まって体罰する学校。学校が把握していない寮がある学校。この学校異常です。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

新学期スタート?

今日から学校がスタート。のんびりしていた正月気分ともさようならです。ところで、皆さんの学校時代では、始業式、終業式の日に授業はありましたか?最近の中学校では(小学校は別らしいですが)ほとんどの学校では、終業式には授業をします。そしてさらに、始業式の後にも授業をして給食を食べて帰ることが多くなりました。原因は学習指導要領改訂の結果、必要な授業時数が増えたのに、総枠は同じままなので、絶対的な授業時間数が足らないためです。そして、授業だけでなく、以前あった、遠足、発表会、スケッチ大会、マラソン大会など学校独自の行事が、時間の関係でどんどんカットされて、本当に特色のない学校へと変化しているのです。かろうじて、体育大会と、文化祭、修学旅行、などが残っているだけです。しかも、それらを練習する時間も本当に少ないのです。また大事な問題(学級会や職員会)を話し合ったりする時間もとりにくいのです。本当に学校に余裕が無くなってきています。解決策は土曜日復活が現実的で、実際に土曜日に行事をやっている地区も全国にはあります。まあとにかく、週5日制のなかで、やるべき内容が多すぎるのです。文部科学省のトップの人には、現場のこの余裕のなさをしっかり理解していただき、改善策を提案して欲しいものです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

年末旅行記(熊本への旅)

昨年末、12月29,30日に、熊本まで夫婦で旅行してきた。本当は23,24日が良かったのだが、二人の都合があわず、年末になった次第。ただ、普段なら、餅つきやら、大掃除やらで超忙しい時期だが、今年は子どもたちも別行動だし、お餅は義妹にお願いして、思い切って出かけてみた。まあ、去年一年間の自分へのご褒美と、家内への御礼の気持ちを込めての旅行だ。行き先は菊池温泉。ただ、家内がどうしても阿蘇の大観峰に行きたいと言っていたので、阿蘇経由で菊池へ向かった。大観峰は久しぶりだったし、天気も良くて最高の眺めに感動した。 やはり阿蘇はすごい!
daikanbou.jpg kikuchi.jpg
しばらくしたら寒くなってきたので、菊池温泉に車を走らせた。菊池に泊まるのは、20年ほど前の修学旅行以来なので、ほとんど初めてに近い。宿泊したのは菊池グランドホテル。部屋は和室で、広くて落ち着いた良い感じ。お風呂も広くて、露天風呂はなかったけど、良いお湯だった。一年の疲れをたっぷり癒せた。食事はレギュラーな夕食にプラスアルファしてもらったので、もう大満足!翌朝は雨模様。さてどうしたものかと思ったが、お土産を鶴屋で買って、帰りにあと一カ所立ち寄り湯に行くことにした。鶴屋は私の心のデパート。年末でめちゃくちゃ買い物客は多い中、くまもんキャラのお菓子や陣太鼓など買い物を楽しんだ。
banpeiyu.jpg
最後の立ち寄り湯は前から目をつけていた、日奈久温泉の「ばんぺい湯」。平成21年に、昔からある温泉施設をリニューアルオープンしたものだ。1階は「本湯」という公衆浴場で、200円で温泉を楽しめる。2階がメインの「ばんぺい湯」で、浴槽が2つに、サウナ、露天風呂もある。アメニティ付きなので500円。あと3階は家族湯もある。食事もできるし、土産コーナーあるし、日奈久の新名所としてふさわしい充実した施設だった。たっぷり暖まったあと、いよいよ帰路。今回は水俣から国道268号線を通って大口に抜け、栗野から高速で加治木に帰ってみた。意外とスムースな道でドライブも楽しめた。疲れたが楽しい1泊旅行だった。皆様に感謝。

テーマ : 九州旅行
ジャンル : 旅行

あけましておめでとうございます。

皆様、新年あけましておめでとうございます。2013年がスタートしました。と言っても、日本は年末年始が基本休みなので、基本的に仕事については何も変わりませんが、新しい年に向けて、何かがんばろうという気にはなります。ところで、わたくし、ここ数年は本当に何も運動らしきものしてこなかったため、さすがにエネルギーを消費するための筋肉が激減して、少し太り始めて少し焦ってます…。そこで、疲れない程度に、きつくない、続けられそうな運動を始めたいなーと思っています(笑)。散歩かベッドでの腹筋かな。まあ無理しません。あと、英語の勉強を少しサボっていたので、今年はpodcastでの英語学習や、英書読書を復活します。さあて、がんばるぞう。ファイト!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード