2010年度最後の日

飛行場
今日は平成22年度最後の日である。またM中所属最後の日でもあった。で朝は離島に赴任される先生を見送りに空港まで行ってきた。昨年は5名の先生を空港で見送ったが、今年は1名だった。いつもは強そうに見えていた先生だったが、家族と共にさびそうな様子で思わずぐっときてしまった。で、見送りの後は特別用もなかったので空港から、嘉例川駅に寄ってみた。実に味わいのある駅舎である。横川駅も同じような雰囲気だが、ここも良かった。
 嘉例川 野鶴亭1 
その後温泉にでも寄ろうと思ってみて、立ち寄り湯を探してみた。ちょっと高級だが、雰囲気のよさそうな「野鶴亭」に寄ってみた。誰もいなくて、確かに温泉の雰囲気も良かった。一人でゆっくり楽しめた。1500円なので少々高めだが、人に邪魔されないので納得した。それで、いよいよ明日からは新任校に赴任だ。学年は1年部所属と決まった。またETCも取り付けて通勤の準備も整えた。最初からがんばりすぎないで、ゆっくり行こうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

春よ、来い

毎年この時期になるといつも思い出す曲がある。松任谷由実さんの「春よ来い」である。この曲自体はNHKの同名の朝の連続ドラマの主題歌である。で、そのころ私は、この曲を入院していた病院の食堂で聞いていた。自分の惨めな入院生活の中でこの曲の調べが、私の心を揺さぶり、涙が頬をつたって止まらなかったのを覚えている。今でも、この曲を聴く度、当時「春」ではなかった自分と、今の幸せな自分を比べて思いっきり感傷に浸っている。音楽は、ただの曲ではなく、自分が聴いていた時代を思い出させてくれる力があるのだなと思う。

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

辞任式

今日は学校の辞任式があった。いよいよこの学校ともお別れだ。職員への最後の挨拶を朝済ませ、いよいよ体育館での生徒へのお別れだ。緊張する。器楽部の演奏に迎えられて、みんなの拍手の中を進んでいった。舞台に上がって生徒へのあいさつだ。一人一人が思いのこもったあいさつをされた。男女に係わらずも涙で詰まる先生もいた。私は出来るだけ泣きたくなかったので、冷静に話したつもりだったが、話していくうちに色々思い出が読みがえってきて泣きそうになった。生徒も真剣に聞いてくれてうれしかった。そして最後の校歌を歌ったが、もうこの難しい 校歌を歌うこともないのだな。そして体育館から出るとき生徒から送られたのだが、支援学級のS君は去年に続いて今年もお世話になった先生が出られ、泣きはらしていて可哀想だった。そして儀式が終わって、校門から学校を車で出てすべてが終わった。M中よ。9年間どうもありがとう。さようなら。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

本日新発見の英語(その52)

・John Doeさん?  Police found John  Doe on the scene.(警察がジョン・ドオーさんを現場で見つけた?)
このJohn Doeさんいったい誰のことでしょう?実はこのJohn Doeとは、身元不明の死体に使う言葉で、男性はJohn Doe、女性はJane Doeという。また訴訟問題などで、実名が分からないときか、言えないときにも使われる。さしづめ日本で言うと
「名無しの権兵衛」に近いが、少し印象は違うかな。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

転勤準備

今日は日曜だったが、学校で転勤の為に荷物を整理しに行った。転勤される先生方はほとんど出てきていた。片付けてみると、いろいろ思い出がよみがえってきた。そして、きれいに掃除までし、少しの荷物を残して何もなくなった。いよいよ出るのだな。あと1日半は学校に出勤するが、もうこの学校での仕事はほとんどない。引き継ぎが少しあるぐらいだ。9年間も一つの学校に勤めたのは教員生活では初めてなので、今の校舎に対する愛着は相当ある。ずいぶんと普通教室も減ってしまった。昔は生徒のたまり場にならないようにトイレのドアがなかったのだ。今思うと、大変な時代もあったのだ。長かったなぁ。
ここまで長くいると、次の学校に慣れるのにはだいぶ時間がかかりそうな気もするが、ま気分一新。新たな気持ちで、次の学校に早く慣れていこうと思う。ところであさっての辞任式でいよいよ最後。今夜は何を語るか考えておこうっと。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

送別会

今日学校の送別会があった。今まで9年間送る側ばかりだったので、久しぶりに送られる立場になり不思議な感覚だった。今年は11名の先生達が出る。最初に転退職者のあいさつでスタートしたのだが、私以外の先生達はそれぞれきちんと勤めているので、それなりに語るたねがあり、面白いものやら、一生懸命頑張ってこられたり、苦労されたことなど、淡々と語っておられた。しかし私はまともな勤務の少なかった人間である。しかも年数は長い。そこで私はアドリブで語らず、残りの職員や歴代の先生達に対する感謝の気持ちを表すために、事前に先生達に対する感謝状をこちらで準備し、読み上げてみた。自分でも初めての試みだった。今の学校に来たばかりのころのエピソードから、病気休職での苦労、そして立ち直るまで私を支えてくださった人々への感謝の気持ちを淡々と読み上げた。皆さん真剣に聞いていただきありがたかった。作って良かったと思った。そして宴会が終盤になったころ、本校の名物である一人一人に送られる感謝状贈呈式はいつもながら面白いエピソード満載で会場は笑いにあふれた。残るスタッフの苦労に感謝したい。私への感謝状は電機関係の強さ、趣味の多さ英語に関する博識さなどをほめてくださり、とても嬉しかった。最後にこの学校を笑って出られるしあわせを今噛みしめている。

テーマ : 日々のつぶやき
ジャンル : 日記

彼岸とは?

昨日は春の彼岸だったので、実家に墓参りに行ってきた。わたしたち夫婦には当然のこととして行ってきたのだが、我が家の子どもたちには今ひとつ彼岸と言ってもあまり意識はないし、意味もよく分かってはいなかったようだ。わたし自身も子どもの時や青年期まであまり考えたこともなかった。意識するようになったのは親が亡くなってからだ。彼岸とは、「彼岸の入り」から、「中日」(ちゅうにち)、「彼岸送り」まで合わせて7日間のことを指す日本独特の仏教行事で、中日にお墓参りをしたり、お寺で法話を聴いたりする。またぼたもち(牡丹餅と書く:秋はおはぎ=お萩)を食べる習慣もあるが、最近はダイエットブームで少なくなってきた。昔は親戚のおばちゃんがでかいぼたもちを振る舞ってくれたものだ。なつかしいね。わたしの父は秋の彼岸の中日に亡くなっているので、毎年秋の彼岸の法話は聴いてきた。ただ春の彼岸はなかなか忙しくて、法話までは聴く機会はない。代わりに娘のスピリチュアルな話が聞けたね。母ちゃん。これも不思議なご縁かな。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

スピリチュアル鑑定と人生

皆さんは、人生の問題で深く悩み、解決法が自分では見つけられないとき、どうされますか?占いに頼る人もいるでしょう。また本格的にスピリチュアル鑑定(前世、守護霊等)に頼る人もいるでしょう。それも本当に必要なときに鑑定を受けるのはいいでしょう。でも、小さな迷いのたびに頼るのはどうでしょうか。自分の力で解決しようという気持ちが消えて、いつまでも鑑定士に頼りきりになってしまうのではないでしょうか。私は一時人生に絶望し、苦しみ抜いてホントに霊能者に見てもらおうと思ったり、前世療法を受けようとしたこともあります。でもそうはしませんでした。一つは友だちに悩みを打ち明けたとき励ましの言葉で助けられたためです。自分の悩みを言える友だちがいたことは本当に救いでした。またもう一つは江原啓之さんに出会ってから、彼の書籍を深く読み、自分で自分の生き方をコントロール出来るようになったことが大きいです。自分に起こることにすべて意味があると知ったり、この世に生まれてきた人は、自分で望んでこの世に生まれさせてもらった貴重な存在なのだ知ったり、霊的真実を知れば知るほど、自分の小さな悩みは少しずつではありますが、消えていきました。これからもいろいろ悩むでしょうが、この世で精一杯生きることを大切にしたいです。スピリチュアル鑑定はあくまで、処方箋。生きるのは自分なのですから。

テーマ : スピリチュアルライフ
ジャンル : 心と身体

異動決定

私の異動が決まった。ブログでは異動先は言えないしどちらにせよ名前は出さないのであしからず。希望通りの地区だったが、あまり良いイメージはない学校だったので少しショックだ。そして不安も大きい。まあ行くしかないので前向きに考えます。ところで今夜は学年の送別会だったが、いよいよこの学校ともお別れだ。9年は長かった。ただし、数年休職しているのでまるまる9年ではないが、それでもいろんなことがあったのでとにかく長かった。生徒指導で始まった勤務、英語指導の悩み、そしてついに病気休職、入院、脳下垂体の手術、娘たちの進学、留学、就職、そして我が家の経済的危機と本当にこのまま退職してもおかしくなかったほどの波乱の9年だった。こんなに濃密な9年はもう二度とないだろう。この学校で私より長く勤めている人は、育休中のH先生ただ一人である。現役では私が最長老だ。昨年11年の長きに渡って勤めて出られたN先生の気持ちが少し分かる気がする。さびしい。また新たな環境に慣れるまで大変だし、時間はかかると思うが、無理せずマイペースでやって行こうと思う。色んな思い出を胸にさらばM中だ!

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

九州新幹線開通!

先日九州新幹線が全面開通した。東北地方大地震の影響で、そのニュースは霞んでしまったが仕方ない。ところで私は大学は広島だったのだが、その当時ふるさとの熊本まで山陽新幹線と鹿児島本線を使って約2時間30分かかってた。のちに鹿児島に住むようになってからは列車を使って広島まで行ったことがないが、たぶん4時間から4時間30分はかかったと思う。それが九州新幹線全面開通で、鹿児島から広島まで2時40分くらいで着くようになるのだ。大阪までも最速で3時間40分程度なのだ。実に速い!新幹線のほうが飛行機より手軽なので、ぜひ山口や広島や岡山や神戸や大阪に行ってみたい。また逆に中国地方の人たちをぜひ鹿児島まで招待したい。来たい方ぜひ私まで連絡をどうぞ。休みの日ならいつでも案内しますよ。そうでなくても、地元の濃い情報をいつでも教えますので、どうぞ鹿児島に来て下さい。心よりお待ちしています。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

つけ

つけが回って来た。地震大国なのに原子力発電所を作ったつけ。すごいすごいと言いながら、大量電力を消費する大型商業施設や商品を作るための工場群を作り続けたつけ。そして原子力発電所には強く反対しても、私たちの大量電力消費に対しては反対の声を強く上げなかった私たち自身へのつけ。地震大国で津波がきたら大変だとわかっていたのに、そして奥尻島での津波の被害を経験したはずなのに、海岸線の低い土地に家や施設に住み続けてしまったことへのつけ。鹿児島も例外ではない。そして何よりも、完璧な安心など有り得ないはずの原子力発電所の安全神話をどこかで信じていた私たちへの大きなつけ。言っておきます。一旦崩壊しはじめた原子力発電所を止めるすべはないのです。それにしても東京電力の危機管理能力の低いことには驚きを通り越して、絶望的です。いつもなら希望的ブログを書く私ですが、原子力事故に関しては厳しいことを言います。原子力発電を必要としない生活を始めることはできそうですか?

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

卒業式

今日は中学校の卒業式だった。今年の卒業生は1年の時副担任をしていたので知っている生徒が多かった。まあ彼らとはいろいろあったので、寂しさばかりに満ちた卒業式ではなかった。それでも卒業式終了後の全体合唱では生徒もいいこと言ってたし、最後の担任の先生の様子を見ていると思わずほろりとした場面もあったがね。あと不登校だった生徒も数人だが卒業式に出てきて良かった。ただまだ出てこれない生徒もいた。卒業生全員が一斉にでるのが当たり前と思っているが、そうではないのだ。今まで勤めた学校は小規模校が多く、一人残らず式には出席できていたのが、現任校のような大規模校では全員が出席するのは難しい。そしていよいよ明日は公立高校合格発表日。みんな希望通りに行くといいね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

災害の意味とは?

今度の東北地震大災害は私たちに何を教えてくれたのだろうか。物質中心の生き方を見直すことだろうか?みんなで助け合う事の大切さ、そして争うことの無意味さを教えているのか?何事にも100%大丈夫なことなど無いことを知ることだろうか?電気がなければ何も出来ないこの世界のもろさを学び、少しでも生活を見直すことを知らせるためだろうか?今の私たちの生活がいかに恵まれているかを知り、生きているだけで幸せなことを知るためだろうか?そしてこの災害は、決して天から来たものではなく、我々の意識、生活がもたらしたものだと言うことを知らせるためなのか?私はそれら全てのこと、いやそれ以上のことを教えてくれたのだと思う。それこそ対岸の火事ではない。犠牲者のために祈り、被災者に悔やみを言い、援助することはとても大切だし、特に今の段階では義援金が一番良いと思う。しかしこの大災害を人ごとで済ませてはいけない。この災害から学び、そして犠牲者が払った代償を無駄にしない生き方を私たちがすることがとても大事だと思う。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ダウジング

皆様は、ダウジングをご存じでしょうか。鎖につないだ石などを使って、捜し物をしたり、占ったりする物です。何かまやかしのように思っている方もいるかもしれませんが、現実に使われている物です。鉱脈や水脈を探したり、水道管の破裂を探したりするときにも使われています。西洋では昔から、人捜しや、物探しの手段として、そして何かを判断する時の指針として普通に使われています。私は高校生の頃から捜し物や、困り事の判断に使ったりしていました。ただし、そのころはあまり効果を深く信じてはいず、面白半分にやってたことや、あまり当たらないことも多かったので、30才以降はほとんどやったことはありませんでした。そして何もしないままそのまま20数年の月日が流れたのですが、つい最近また始めました。再スタートした理由は書きませんが、自分の守護霊とコミュニケーションを取る手段になるからです。まあそんなにスピリチュアルに関心の無い方にとってはあまり興味がないでしょうが、このダウジングに本当に習熟すると捜し物に役立つだけではなく、色んな人生の判断に迷った時に身近なアドバイザーとして役立ってくれます。今日は2つのことで指針をいただいて、納得してます。ただし、あくまでも私自身や私の家族のことしか尋ねませんのであしからずご了承ください。

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

東北関東大地震2

悲惨な大地震から3日目だが、未だに安否不明の人が1万人以上いる現状に驚いている。町全部が流された所も多く、役場が機能していなくて、安否確認が出来ないなど、今までの災害ではあり得なかった。また、未だに救助を求めて、救出されていない人たちも数千人単位でいる。これこそ未曽有の災害だ。自衛隊の派遣も10万人に増員したそうだが、それでも災害復旧のためには足りないくらいだ。全国から災害救助や医療援助など次々に駆けつけている人たちも増えている。自分は何も出来ず(寄付金は既にしたが)歯がゆい思いだが、まず専門的な援助を出来る方にがんばってもらって、あと復旧が進んだら経済的な支援をもっとしていきたいと思った。あと九電からの 依頼という名目のチェーンメールが回ってきて(内容は節電を訴えるもの)私も回してしまったが、九電によると そのような依頼はしていないとのこと。ただし内容は良い内容なので実践していけば良いと思います。回してしまった皆さん、チェーンメールは何であれ自分のところで止めましょう。メールするより、援助に関して確かなところ(放送局や赤十字など)に寄付することが必要でしょう。被災地の復旧・援助が一刻も早くも全体に行き渡るように祈っています。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

東北関東大地震

恐ろしい光景が広がっている。これは本当なのか、映画ではないのかと思う光景がテレビから次から次に報道されている。地震そのものも桁外れだが、津波の被害が想像を絶する規模である。飛行場、船、家、車、建物が次々に津波に襲われて行く様子をみて空恐ろしくなった。また、市街地に何も残っていない様子をみたり、石油精製所の爆発を見たり、原子力発電所の放射能漏れのニュースを見たりすると、この被災地は本当に回復できるのだろうかと思えるほどひどい被害だ。先日見た映画の「ヒアアフター」で津波に巻き込まれた主人公の様子や、「2012」の映画の様子を見たときは、恐ろしくは感じたが現実にはあり得ないと思っていたが、現実に起こっているのだ。日本政府は世界の協力をもらいながら、救助、復興支援に全力を尽くして欲しい。私も自分に出来る支援をしていきたい。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

飲み会の恐怖

私は現在、全くアルコールは飲めないし、食事も制限があるので飲み会には全く参加しない。だが、送別会だけはなかなか断りにくい。校内の同僚同士の送別会には出るが、それは感謝の気持ちを表すためなので、食事はほとんど食べない。PTAの送別会もあるのだが、これはいつもお断りしている。何より私は休職を長くしていたし、担任をほとんどしていないし、保護者を数名しか知らないので話す材料がないのである。飲まず食べずに、知らない相手と、しかもウーロン茶のみで話すことほどきついことはない。不義理かなとは思いつつ毎年お断りしているが仕方がない。この送別会、歓迎会の時期は毎年憂鬱である。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

フェイスブック

最近、映画の「ソーシャルネットワーク」でも、アフリカのエジプトの政権崩壊のニュースでも話題になっているのがfacebookだろう。日本のミクシーやアメーバなどと同様の、ネットでの仲間つながりのシステムだが、日本ではそこまで普及していない。実名登録が原則なのと、世界では英語使用者が多いので、日本では登録絶対数は少ないが、しかし今年以降は爆発的に普及しそうだ。普通はパソコンで行うのだが、スマートフォンの普及ともともに、アクセスや使いやすさが良くなって来たためである。私も早速登録したが、まだまだ使いこなせてない。実に奥が深そうだ。今のところ友だち捜しだけに使っているのだが、すこしずつ色々使いこなしてみたい。いろんな使い方が分かり次第追って報告します。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

年度末業務

いよいよ学校も年度末業務に突入した。土曜日に3学期の通知表と指導要録用の評定が終わった。後は事務引き継ぎの資料作りと次年度学級編成作業を残すのみになった。毎年いつもこの時期はばたばたしていたが、指導要録用のパソコン処理を導入したおかげで、ほんとに速くなった。昔はえっちらおっちら手作業で評価していたので、ものすごく時間がかかって大変だったが、今ではエクセルという文明の利器のおかげでほんとに楽している。ただ学校では今でも地道に手作業の方で評価されるアナログ派もいらっしゃる。エクセルを使えば便利なのは分かっているが、不慣れな方にはどうしても抵抗があるらしい。パソコンの方が楽なのになぁと思うがこればかりはしょうがないか。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

高校入試

いよいよ今日から鹿児島県は公立高校の入試が始まった。今年は例年より全体的な倍率は下がっているので少し安心と思っているが、生徒にとっては、どきどきだろうなと思う。私は熊本の公立高校を受験した。ただ鹿児島県の人にとっては驚きかもしれないが、引率の教師はいなかった。県外では引率が教師だけではなく、保護者を頼むところも多い。鹿児島は親切心からなのか、教師が引率するのが当たり前になっているが、どうも甘やかしているようにも感じる。遅れたら本人の責任だし、何か問題を起こせばそれも本人の責任なのだがね。中学校の内部の仕事については中学の教師が責任を負うべきだが、高校入試は本来生徒個人と保護者の責任だと思う。まあこの引率の習慣は簡単には変えられないだろうが、生徒には当たり前と思って欲しくない。受験生諸君。今日とあと一日しっかり問題解いて最後までがんばれ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

映画雑記(その35)

先日また、DVDでいい映画を見ました。映画館は高いので最近レンタルが多いです。でも良い作品て眠ってるものですね。見た映画は「タイタンズを忘れない」です。全く知らなかった映画でしたが、感動しました。最初タイトルをみたら歴史物かと勘違いしましたが、アメリカの高校のアメフトものです。人種差別のひどかった1970年代のころの実話で、重い作品かと思いましたが結構面白くて、感動的で、作品作りも上手でした。スポーツチームが強くなるための指導法などもあって、運動部の監督さんには参考になるかも。主役のデンゼルワシントンが光ってました。うまいです。お勧めします。

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

本日新発見の英語(その51)

・blackmail(ブラックメール?)
皆さんは、blackmailというと、何を思い浮かべるでしょうか?黒いメール?何か、怪しいメールみたいですね。テレビのロンハー(ロンドン・ハーツ)という番組では、芸能人を引っかけるための嘘のメールの事になってますが、英語ではそんな軽い意味ではないです。「脅かす」とか「ゆする」という意味で犯罪用語です。Are you blackmailing me?(私を脅かしてるの?)というように使われます。そしてゆする人はblackmailerと言います。また女性が、男性に、女性のしてくれたことに対してお礼をしてよとか、手伝いなさいとか暗に含めて脅すことを、emotional blackmail(感情的ブラックメール)と言います。あー怖わ。


テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

LANの怖さ

民間会社ではもちろん、公的機関でもLAN(狭い範囲でのネットワーク)を組んでいる。外部のネットにはつながっていないけど、社内や役場内ではつながっているのは当たり前で、データやプリンターの共有はもちろんメールまで出来て当然である。そして最近は学校現場にもLANが浸透してきて、大学ではパソコンと携帯がないと学校生活が出来ないほどである。私の勤務する鹿児島市内の中学校でもLANが組んであって、便利ななのだが、一つ恐怖がある。バックアップシステムがないのである。最近も共有データが使えなくなって、全体サーバーを再起動して事なきを得たのだが、これが万が一データが消えてしまったらどうするのだろう。一年以上かけて積み上げた物がパーになるかもしれないのである。ネットワークを構築するなら絶対に必要なバックアップシステムがないなど、会社や行政では考えられない。経費を惜しんでは、仕事が動かなくなる。ぜひ導入して欲しい。

持ち家

私は今だに借家住まいである。持ち家はない。生まれた時から引っ越し続きの人生で親や自分の持ち家で暮らした経験がない。本当は早く落ち着いて暮らしたいのだが、若いころから計画的に家作りのことを考えていなかったため、この先どうなるか不透明である。私の周りにいる人たちは、同世代はもちろん、私より若い人たちもどんどん家を作っていて、うらやましいと思うと同時に少々焦っている。また自分の計画性の無さを後悔している。この年からローン組むのは大変て言うか無理だし、退職金をほぼ注ぎ込むには、退職後の生活に不安があるし、やはり借家を継続するしかないのか?悩むところだ。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

うわさの怖さ

先日、テレビで高部知子さんのことが放送された。皆さんはご存知ないかもしれないが、あの国民的アイドル「わらべ」の一員で、後に「積み木崩し」の演技で有名になった彼女である。そのころタバコを吸っていた写真をフライデーされて、芸能界を干されてしまった人である。実はあの写真は創作だったのだが、世間一般の人は彼女は役柄みたいに不良少女だと思いこんでしまった。私もその一人だった。しかし事実は全く違った。彼女は実際はすごく優しく暖かくて、今では精神的な病に困っている人を助ける仕事に携わっていらっしゃるくらいの人なのだ。週刊誌は本当に信用ならないし、下手すると一人の人生をめちゃくちゃにするのだ。うわさほどあてにならないものはない。高部知子さんに持っていた偏見を恥ずかしく思う。ごめんなさい。うわさでなく本人の発言を大事にしたいですね。

アカデミー賞

今年もアカデミー賞が発表された。結果は新聞等でご覧なられたと思いますが、どうでしたでしょうか?今公開中の作品もあるしこれから公開される作品もあるのでまだ内容については言いませんが、今年は全体的に力作がなかったように感じます。主要4部門を受賞した「英国王のスピーチ」が一番評判が良かったらしいですが、その他はあまり見たいなと思わせるものはありませんでした。ここ数年のアカデミー賞は以前のようなこれこそアカデミー賞作品と呼べる迫力のある作品がなくなったような気がします。いい脚本でドラマが良くできたものもあるのですが、なかなか大作はありません。オリジナルの脚本のいい作品を生み出すのは、商業主義の今では難しいのかもしれません。3DやCGや爆弾、銃器に頼らず,以前の作品の焼き直しでないいい作品をぜひとも作って欲しい。でないと観客が離れて映画界が衰退してしまいそうです。ハリウッド映画は、大作主義で批判を受けることが多いのですが、私はいい意味での大作主義は歓迎しています。ハリウッドでしかできないワクワクさせる作品をぜひとも作って欲しい。頑張れ映画界!

予餞会?

昨日は高校の卒業式だった。息子の高校でも行われたが、全員出席ではなかったので、家でごろごろしていたらしい。ちなみに今日も連続で休みらしい。うーんうらやましい。ところで、予餞会(式)という言葉を聞いたことがあります?私は今の今まで何のことか知りませんでした。私の通った学校でも、勤務した学校でも使ったことが無かったし、聞いたことがあっても気にもとめずにきたのだが、今日ニュースで聞いてみて、よく知らなかったので調べてみた。何のことはない。いわゆる「卒業生を送る会」の事らしい。中学でもあるが、ほぼ高校で使われるらしい。私の卒業した熊本の高校ではなかっ
た。「予」は「あらかじめ、前もって」で、「餞」は「ささやかな食事」で、英語で言えばFarewell partyのことだ。結構鹿児島の高校では伝統的にあるらしいが、どうですか?。普通は体育館で行われ、3年生を送るための出し物が中心だが、県外の学校では芸能人を呼ぶところもあるらしい。ちなみに鹿児島では霧島高校に辛島みどりが来ていた。また中には、ホテルを貸し切って、ホントにパーティーをする学校も大都市の一部ではあるらしい。時期的には卒業式直前か数日前に行われるが、卒業式よりずっと楽しい所もあるらしい。私は経験していないので、どんなものなのか一度は見てみたい。

大学受験不正事件

先週世間をびっくりさせたのが、京都、早稲田、同志社、立教の大学入試でヤフーのサイトが不正に使われたニュースだろう。このサイト実は私も良く使ったり、回答を参考にすることが多い。ただしIT関係か英語表現や異文化に関する疑問解決のため使うのがほとんどで、試験問題の回答を頼むなど考えたこともない。一般に良く利用している人の中には、宿題レベルの問題を、自分でよく努力もしないで虎の巻のように使っている人もたくさんいて驚くやら情けないやらである。たぶんそのような使い方になじんでしまったやからが、あろうことか入試でも使おうと考えたのか?または複数人の犯行なのか?まだよくわからないが、とんでもない話である。とにかくこんな犯罪防ぐには、携帯、スマートフォンの電波ブロック機器の導入か携帯の入試会場持ち込み禁止しかないかもね。おーい、大学入試レベルの問題も自分で解けないようじゃ大学に入っても何にもできねーぞ。

映画雑記(その34)

最近、映画と言えばSFものやアクション物ばかり見ていたので久しぶりに、良きアメリカ映画を見てみた。タイトルは「ストレイト・ストーリー」73才の目も足も悪いじいさんが、仲違いしていたが病気で倒れた兄弟の所まで、なんと小さなトラクターで500キロ旅する話である。最初は頑固なだけのじいさんだなと思ったが、話が進むにつれて、良い味が出てきて最後はホントにほっとした。監督はあの「ツイン・ピークス」のデビット・リンチだが、彼らしくない映画である。人間観察が実に深い。人を平気で射殺したり、暴力シーンの多いアメリカ映画ばかり見ていたので、この映画に出てくる人たちの暖かさにちょっとほろりとした。ロードムービーの傑作である。お勧めします。
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード