帰れない!

今朝、異様な静けさと寒さで目が覚めてびっくり!外は一面の雪!しかもハンパない降り方だ。今年最後のこの時期に大雪は痛い!家内の実家に帰る予定だったが、途中の道路がチェーン規制で通れない!やむなく今年の大晦日は鹿児島市内で過ごすことになった。結婚して以来初めてのことだ。餅も実家に置いたままでここには無いし、何より実家の義父さんがさびしいと思うが、天候にはかなわない。
それにしても市内の運転も危ない状態になってきた!早く小康状態になって欲しいですよ!
「まさのぶの館」もこの記事で今年の最終版とさせていただきます。一年間このブログを見てくださりまして、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。みなさま良いお年をお迎えください
スポンサーサイト

本日新発見の英語(その46)  

・all in(全部入る?)
Everybody was all in after an hour of jogging.
このall in は簡単な単語の組み合わせなのに、学校英語にはまず出てこない。意味は very tired;exhausted「へたばる、くたくたになる」で会話ではよく使う。最初の文の意味は「1時間のジョギングで一人残らずへたばってしまった」となる。ぜひ覚えておきたい表現である。

人吉旅行記(その2)

(続き)夕食は宿でも食べられたのだが、量が多すぎて残す恐れがあったので、外食にした。ただし、ここの夕食は豪華なので、食事制限の無い人は宿食をお勧めします。あと、アルコールがいける人は、球磨焼酎やワイン・コーヒーリキュールなども楽しめるのでぜひ試してください。それで、私は宿の近くで、何度か昼に行ったことのある「上村うなぎ」に行って、普段は食べない「うな重」を堪能した。(次の写真)
ウナギ  もう満腹!おいしいね!宿に帰ってからは、テレビをみたまま、眠りについた。翌朝、5時には起きて、昨日とは別の3階の大浴場を楽しんだ。5階と造りは似ているが、また露天が違った雰囲気で、朝風呂をゆっくり楽しんだ。
 
朝食は、パーティー会場でのバイキングで、種類も多く、ちょっとずつつまんでいただいた。特にここは鮎の甘露煮や塩焼きがあるのでいいですね。
バイキング 
朝食後はテレビでも見てゆっくり過ごした後、売店に行って家族へのお土産を買った。そして宿代を精算したのだが、なんとこれだけ充実して9600円!大満足である。宿を出た後は、前から気になっていた、一勝地温泉「かわせみ」というところに車で約15分駆けて行ってみた。わりと山奥にある一軒宿の保養施設で、のどかなところだった。
かわせみ 
温泉はごく普通の温泉で、とりたてて言うほどの施設ではなかった。こんどはまた、山江というところの温泉にいってみようかな。人吉・球磨はまだまだ秘湯があるので、これからが楽しみである。

人吉旅行記(その1)

今年の12月25日は、私のスケジュールはほんとにフリーだったので、自分へのご褒美として、一泊旅行に一人で出かけた。家族はうらやましがっていたが、最終的には快く送り出してくれた。ありがとうね。で行ったところは人吉。25日の午後2時頃出発して、高速を人吉インターまで走らせた。時間的に余裕があったので、市内の青井阿蘇神社というところに寄ってみた。(次の写真)
青い阿蘇
かやぶき屋根の本殿という珍しい神社で、今年国宝に指定されている。一通り参拝した後、ご神木に触れてパワーをいただいてきた。その後急に気温が下がってきたので、すぐ宿に向かった。今まであこがれていたが、なかなか泊まるチャンスの無かった「清流山水花あゆの里」というホテルである。(次の写真)
鮎の里 
着いてみて、まず駐車場をどうしようと思っていたら、すぐスタッフの人が来て、駐車場まで運んでくれた。VIP待遇だぁ!フロントで手続きが終わったらロビーに案内されて、ウェルカムドリンクの椎茸茶とミニ菓子が出された。ここのウェルカムドリンクは有名らしく、夏はしそジュースらしい。で、一人だし、洋室の朝食付きの宿泊だったので、自分で荷物を持とうとしたら、何と部屋までスタッフさんが運んでくれた!うれしいね。部屋はツインで清潔な部屋だったが、球磨川は見えなかった。ここの大部分の部屋は球磨川ビューができるので今度くるときはぜひそちらにしてみようと思う。体が冷え切っていたので早速温泉の大浴場に行った。入り口から脱衣所、内湯、露天風呂まで実にきれいだ。特に露天は眺めも良くて、温度も最高!
露天1 
ここの温泉は、5階の風呂が昼から24時までが男性用になり、なんと、16時から18時まではビールサーバーがおいてあって飲み放題なのである。ただし私は飲めないので残念でした。ゆっくり湯船にひたり、今年一年の垢をおとし、心の底から癒された。あー天国だぁ。なんという幸せ。このホテルの高級な部屋は、部屋露天風呂付きのところもあるが、大浴場でも十分満足した。あとは夕食だ。(続く)

二学期本当に終了!

今日やっと2学期のすべての授業・行事が終わった!長かった。先週終わりのめどがついてからが結構長かった!でも今日午後に会議が終わって、本当にホットした。今日はクリスマスイブなのでさすがに勤務終了後はみんなサッサと帰って、久しぶりに私が職員室を最後に閉めて帰った。一人きりの職員室でしみじみ今年を振り返った。去年の4月に復帰して1年と9ヶ月あまり。長かったなぁ。6月に少しダウンし、夏の暑さに参って、体育大会の練習に疲れ果て、文化祭の直前にまたダウンしてと、ほとほと弱い自分に呆れますが、そんな私が本当に良くもったなと思います。3年前の自分だったら、多分気分がふさぎ込んでしまって、休みが続いて休職していたかもしれません。去年から今年は何が違ったのか。やはりこのブログが一番かな。自分の好きなことや、心に思ったことを公開することは思いのほか、回復に役立ちます。もちろんそれ以外にもいろんな人に助けられたことも大きいです。あと悩みを人に話したたり、自分に褒美をあげて解放することも良かったと思います。またこれからも紆余曲折はあると思いますが、なんとか乗り越えていく自信が少しつきました。すべての人に感謝します。ありがとうございました。

クリスマスイブ

今日はクリスマスイブ。みなさんどうお過ごしですか?我が家は家族の仕事の都合で、昨晩ごちそうをいただいた。ただし我が子が小さいときのようなわくわく感はもう無い...。ツリーもないし、音楽も無し。ありがたくお食事をいただいただけである。とくに25日の朝に子供たちがプレゼントを見つけたときの喜びようがとても懐かしい...。この感動はあとは、孫の時だな。子供たちよよろしく。

年賀状

今日やっと年賀状の印刷が終わった。今添え書きをしているところである。振り返れば、ずいぶん色々な人たちと出会ってきたなあとしみじみ思う。友人、親戚、職場の同僚、研修仲間(6ヶ月の長期研修と1ヶ月の筑波研修仲間)とその数も年々増えてきた。もらった年賀状を見返すと、色々個性を感じたり、懐かしい思い出がよみがえったりして飽きることがない。今のところ年賀状のやりとりをやめる気はない。ずっと会えなくても1年に一度はお互いの近況を知らせあったり、健康を気遣ったりすることは大事かなと思う。ただ最近、ご本人が亡くなったり、高齢のためやりとりがとまったところも出てきて少し寂しく思う。私は生きている限りぜひ続けていきたい。

帳簿類のデジタル化

学級担任をしていて、苦労することはいろいろあるが、その中でも帳簿類は悩みの種であろう。特に出席簿と指導要録については、鹿児島県ではいまだに手書きオンリーである。通知表ですらまだ手書きのところが多い。(本校は昨年から通知表のデジタル化が評定・観点のみ済んだ。)色々異論はあろうが、事務作業の簡略化が言われている中、なぜこの二つだけがデジタル化ができないのだろう。と思っていたら最近鹿児島市でこの二つのデジタル化が検討されているとの情報を得た。もし本当なら喜ばしいことである。私は個人的にはどちらもデジタルファイルの基本形は持っていて、現在実用化に向けてプログラムを更新中である。使ってみて分かったが本当に便利である。少しでも早くこの帳簿類のデジタル化が実現して、担任本来の業務に専念できるようになって欲しいと思う。

テーマ : 教師のお仕事
ジャンル : 学校・教育

休み

月曜日は、久しぶりに疲れ果てた。お休みの先生が多くて、自習監督に入ったら、空き時間ゼロになり、結構大変だった。まあ自分も休みが多かったので大きな事は言えないし、自分の時にいかに迷惑をかけたかがよーく分かった。生徒の休みは仕方ないし、本人があとでカバーできるが、先生が休むといかに大変であるかを自覚した。本当に苦しいときは仕方がないのだが、少々の具合の悪さは踏み越えないといけないと思った。あと健康には十分気をつけることもプロとしては当然の心得だなと思う。とはいえ休みゼロにするのは難しいですね。でも今年の私は11月から12月は休みゼロ。このまま維持していこうと思う。

映画雑記(その31)

先日、映画館で久しぶりに映画を見た。今話題の「トロン:レガシー」という3DのSF映画である。ずうっと前に「トロン」というSF映画があったのだが、そちらは全く見ていないので、関連は分からない。続編らしい。で感想は「うーん」である。映像は確かにすばらしいし、良くこんな世界を描き出したな、と思うし、最初のうちはストーリーにも引き込まれていったのだが、いかんせん、よく分からない事が多すぎた。デジタルDNA?とかいろいろある。以前の、「アバター」や「インセプション」と比べると、今一歩のめり込めなかった。マニアックな映画で、映像的にはすごいCG技術がつぎ込まれているのはわかるし、撮影、編集は大変だったことは想像できるが、脚本がおおざっぱすぎる。良い映像だっただけに惜しい気がする。

2学期が終わった!

やっと今週が終わった。成績処理も終わったし、評定も終わったし、出席簿も来週の分まで終わったし、授業も2学期のノルマは終わったし、後は定着度テストに向けての総復習ぐらい。 ただ担任の先生は通知表の所見があるから大変ですね。(人ごとみたいですみません )やっとあと1週間にまでこぎ着けた。2学期は行事が目白押しだったのでとても疲れた。実は私はこの学校では、2年連続で冬休みを迎えるのは初めてである。いつも途中で、病休や休職で年を越せず、忸怩たる思いを重ねてきたので、感慨ひとしおである。健康で過ごせたことと、今年の自分のがんばりと、皆さんからの支えのおかげです。本当に感謝です。ありがとうございました。週末はどこかに行きたいが、年賀状が待っているので、この週末は1日は年賀状作成だな。でもあとは映画や温泉でも楽しもう。自分へのご褒美ね!

寒い!

ぶるっ!今日は12月に入ってから一番寒かった。建物の中にいるとそうでもないが、一歩外に出ると寒い!先生方や生徒の休みも多かった。多分10℃もなかったと思う。これからもっと寒くなるのかな?いやだなあ。特に一番の心配はインフルエンザ。市内のG中学校の2年生はインフルエンザ学年閉鎖になったそうだ。私はインフルにかかると重篤化する恐れがあるので、今年も予防接種を受けてマスク着用をしないといけないな...。暑すぎるのもいやだが寒すぎるのもいやですね。でも我慢できるのは寒さかな。ひなたぼっこは冬でないと味わえないしね。

クリスマスケーキ

今日ALTの先生が学校にクリスマスケーキを持ってきてくださった。ただしニュージーランドのお母さんの手作りで、日本で言うとフルーツケーキに似ている。ナッツも入っていて結構おいしかった。イギリス文化の影響を受けている国のクリスマスケーキは日持ちが良いように、砂糖をたっぷりかけたものなど甘すぎる物が多いが、彼女のケーキは手頃な甘さで良かった。日本のケーキは、クリスマスケーキに限らず、すべて世界的にみてもすごくおいしいらしい。たしかに日本のプロが作ったケーキは、生クリーム、チョコ、生フルーツなど原料にしているうえ、スポンジケーキの柔らかさは極上ですしね。まあ今糖尿なので、たっぷりスイーツを味わう事はできませんが、今日は改めて、日本の食文化の豊かさを実感しました。我が家の今年のクリスマスケーキは、手作りする余裕がないので店で購入予定。子供たちどれ食べる?

ラミネーター

ついに我が家にラミネーターが来た。学校では時々使っていたが、まさか我が家で使うようになるとは思ってなかった。で値段は7000円弱。そんなに有名なメーカーじゃなかったので性能を心配したが、全く問題なかった。むしろ学校のより仕上がりがいい。早速いろいろラミネートしてみたが、これが楽しい。カレンダー、地図とか、何でもラミネートしては悦に入っている。でもこんな便利な道具誰が考えたのでしょうね。頭が下がります。さて、次は何ラミネートしようかな?

ボーナス

今日公務員にボーナスが支給された。私もその恩恵にあずかった。支給率はかつてのバブル期に比べれば、ずいぶん下がっている。家のローンの支払いに、ボーナス払いをしている人には大変かもしれないが、まだもらえるだけましかも。民間では、支給無しのところも多いらしい。この不況の時期、もうけを出しているわけではない公務員だけが今まで通りというわけにはいかないしね。それにしても若い人の支給額は少ないでしょうね。50代の私が少ないと感じるのだから...。ま、でも今日だけはちょっと贅沢するかな。

本日新発見の英語(その45)

・keep one's nose clean(?) 
もしあるところに行くときに、If you go there, you should keep your nose clean.と言われたらどうします?別に鼻をきれいにしていることは悪くはないのですが、このkeep one's nose cleanとは元々「行儀を良くする」という意味でそれが発展して、「面倒なことに巻き込まれない」という意味で普通に使われるようになったものです。海老蔵さんYou should have kept your nose clean if you want to drink at Roppongi.ですよ。 

猿出没!

今日、学校に猿が出没した。テレビではよく住宅街に出たとニュースで聞くものだが、我が学校に出るとは思ってもいなかったので驚いた。体育館の裏あたりに親子猿が来て、そのまま去ったらしい。まあここはすぐそばにやぶはあるし、ちょっと行けば山もあるので不思議ではないのだが、いままで9年間勤務してる中では初めての経験だ。やはり、今年はさるのえさになるものが不足しているのだろう。異常気象や開発のせいで、動物たちが困っている。そして人間の住むところに出てくれば害獣扱いである。かわいそうだ。自然界の悲鳴のようだ。猿さん親子、無事に生きていて欲しいな。

温泉入浴記

今日は久しぶりに温泉にドライブに湯之元温泉に出掛けてきた。湯之元はずいぶん昔に家族湯に入ったきりだったので、懐かしかった。で、最近湯之元駅の近くに新しい温泉が出来たと、フェリアという情報誌に載っていたのでさっそく探したら、すぐ見つかった。「めぐみの湯 錦龍館」とうところだ。(下の写真)
onsen.jpg 
大浴場と家族湯があるが大浴場に入ってみた。意外と狭い作りなのだが、出来たばかりだったので、清潔感に溢れていた。内湯は洗い場が間仕切りができていてプライバシーが守れる。お湯は結構熱い。でここの売りは露天風呂である。すごく広い。気持ちいい。ただ、温度調整が出来ていなくて、少しぬるめだったのがちょっと残念だったが…。内部にはマッサージ処もあるので、金に余裕があるときはよってみたい。こじんまりした地元の温泉である。おすすめします。ちなみに入浴料は350円、シャンプー石けんは置いてないので持参のこと。

テーマ : 鹿児島
ジャンル : 地域情報

成績処理終了!

今学期も終わりが近づいた。テストも終わったので、今日は午前中学校に行って、提出物の点検と評価を一気に済ませ、その後、自作の成績処理ソフトを使って評定まで一気に終えた!後は微調整をして通知表評定完成!ああ終わった。うれしいね。いつも点検に追われて結構ぎりぎりにしていたので、今学期は成績準備のための表簿を最初からきちんとつけていたので、本当に早く終わった。それにしてもテスト処理は昔からパソコン処理していたが、評定までパソコンで出来るようになったのでとても便利だなとしみじみ思う。しかもそのために客観的データを取っておくので、昔のように何となくという部分がほとんど無くなってきた。これで生徒や保護者からの問い合わせにも対応できる。生徒諸君。いくらテストの点が良くても、提出物が悪いと成績は上がりませんよ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

修学旅行

今朝、息子が修学旅行に出発した。行き先は北海道と東京である。北海道ではスキーがメインの体験で、札幌ビール工場でのジンギスカン鍋も食べるみたいだ。また、東京はディズニーリゾートでの自由行動だ。良いなと思うね。私たちの世代は、県によっては修学旅行自体が無かったところもある。鹿児島はそうらしい。(家内は行っていない) 私は熊本だったので、関西(京都・奈良)、東京観光、静岡まで行ったので恵まれていたかも。私の娘たちが高校生の頃は、鹿児島でも外国に行くのがブームで、長女はカナダ旅行と超リッチな修学旅行だった。ところが次女の時はアメリカで911テロが起きたため、国内旅行に切り替わり、北海道旅行に変更した経緯がある。それにしても高校の修学旅行は費用がかかりすぎである。我が家も四苦八苦したが、家計が苦しくで旅費が出せないところもあるに違いない。まあそうはいっても、一生に一度の思い出。息子よ思いっきり楽しんでこいよ。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

本日新発見の英語(その44)

・have a ball(ボールを持つ?)
非常に簡単な表現だが、意外と意味は知られていない。この場合のballはa lot of funという意味でThe children had a ball at the beach.
では「子供たちは海辺でとても楽しんだ」という意味になる。また、The boat ride was a ball!「その船旅はとても楽しかった」となる。この
ballは球のボールではなく、舞踏会のballから来ている。高校生レベルの辞書には載っているので確認してください。

職場体験学習

私たちが中学高生の時やっていなくて、今時の中高生が体験しているものに職場体験学習がある。職業に対する意識付け、進路を考えるためのきっかけとしてはすばらしい体験である。特に職場での、挨拶、返事、身だしなみをしっかりしなければという意識を育てるには絶好の機会である。学校内の指導だけではマンネリ化しがちなので、ぜひ職場で鍛えてもらいたい。ただし職場で問題を起こして謝りに行くのは避けて欲しい。S君覚えてるかな?
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード