スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の新発見英語(その5)

今日は口語表現を紹介する。くだけ過ぎの表現もあるので注意が必要。

1 freak ~ out (怖がらせる、びくびくさせる、びっくりさせる)

 Don't  freak  out. (落ち着け。)  Got  freaked out?(びびったか。)

 You'll freak them out.(みんなびっくりするぜ)

 興奮する、切れる、パニックになる、トリップする(麻薬で)などの意味もあるので、分かる

 程度でよい口語表現。

2 cold turkey (薬物や,タバコなど悪い習慣を)きっぱりと(やめる)

 I quit smoking cold trukey.(俺、タバコきっぱりやめたよ)

 go cold turkeyとかstop cold turkeyとも言う。麻薬患者が薬を取り上げられると

 震えて鳥肌みたいになるところから来た表現らしい。  副詞的に使うので次のような

 言い方が可能である。

 You should quit gambling cold turkey. (ギャンブルはすぐやめるべきよ。)


3 be in good hands (安心してまかせる)

 Don't worry. You're in good hands.(心配しないで。僕に安心してまかせて。)

 修理店やbabysitの宣伝でよく使われるらしい。安心してまかせて大丈夫かどうか

 は保証できないが...。 

スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

スクリーン・ミュージック

 私の人生で最初にレコードプレイヤーを手に入れたのは、もう37年前の高校1年の

時である。それまでは音楽と言えば、ラジオカセで聞くしか無く、テープに録音して音楽

を楽しんでいた。今ではステレオセット自体もメジャーな存在ではなくなりつつあるが、

私の高校時代では、ステレオを持つこと自体がステータスシンボルであった。ただし

私の買ってもらった物はポータブルタイプで、高級感は無かったが、私にとってはレコー

ドを聞けるだけで、天にも昇るようなうれしさだったのを覚えている。で、その当時聞いて

いた音楽は、映画音楽であった。見た映画もあるが、まだ見ていない映画も音楽だけで

わくわくして聞いていたのを覚えている。そこで、当然最初に買ったLPレコードは映画音

楽集だった。今ではそのレコードも無いので、どんな曲があったかは全部は覚えていな

いが、「シェルーブールの雨傘」、「太陽がいっぱい」、「ひまわり」はよく覚えている。今の

映画音楽のようにアーティストアルバムみたいではなく、映画のワンシーンを彷彿とさせ

る情緒たっぷりな音楽であった。またその当時は、ラジオでも映画音楽の特集をよくやっ

ていて、それらもテープに録音していきいていた。その当時は関光夫という方がNHK

-FMで「ポピュラー・アラカルト」という夕方の帯番組で月に一度映画音楽特集を担当

されていたが(1998年に享年76歳で逝去された。)、この人実に映画音楽に造詣が深く

、日本で唯一の映画音楽評論家と呼べる人だったと思う。こ人のおかげで、映画音楽の

楽しさ、奥深さを知り、いろんな種類の映画も知ることができたと思う。で、その後、映画

音楽のラジオ番組がないなーと嘆いていたら、10年ほど前偶然、民放FM(九州地区限

定)でFM福岡をキーステーションとした「ユア・スクリーン・ミュージック」という番組を知り

大ファンになった。メジャーな映画主題曲はもちろん、隠れた名作の映画音楽も紹介し

てくれたり、リクエスト、監督特集など実にバラエティに富んでいて、毎週土曜の朝11時

は毎週の楽しみだった。しかし先々週突然番組終了との告知。「えっ」と大ショックである。

39年も続いた番組だったので、終了についてはリスナーからの反響もすさまじかったら

しい。映画音楽ファンとしては寂しい限りだ。でその最終2回で映画音楽ベスト20を紹介

してくれたので、その曲目を紹介して、思い出を回想したい。私の好きな曲ばかりである。

・「ベン・ハー」(1959年)
・「卒業」(1967年)~「サウンド・オヴ・サイレンス」(サイモン&ガーファンクル)
・「ウェスト・サイド物語」(1961年)~「トゥナイト」
・「避暑地の出来事」(1959年)~「夏の日の恋」
・「サウンド・オヴ・ミュージック」(1964年)~「ドレミの歌」
・「ロッキー」(1976年)
・「ある愛の詩」(1970年)
・「第三の男」(1949年)
・「ひまわり」(1970年)
・「ゴッドファーザー」(1972年)

・「スター・ウォーズ」(1977年)
・「シェーン」(1953年)
・「ティファニーで朝食を」(1961年)~「ムーン・リヴァー」(オードリー・ヘプバーン)
・「ロミオとジュリエット」(1968年)
・「鉄道員」(1956年)
・「禁じられた遊び」(1951年)
・「E.T.」(1982年)
・「風と共に去りぬ」(1939年)~「タラのテーマ」
・「太陽がいっぱい」(1960年)
・「エデンの東」(1954年)

 

テーマ : 映画音楽
ジャンル : 映画

バンザイ、サムライJapan

 もう先週の話題になるが、WBCはすばらしかった。生放送ではみられなかったので、録画

して見たが、よくぞ優勝したなと思う。特に決勝戦は激闘で、最後のイチローのタイムリーは

感動した。ダルビッシュの最後の一投のあとの笑顔がとても印象的であった。滅多に笑顔を

見せない彼も本当にうれしかったのだと思う。ところで、あまり表だっては言われなかったが、

私は城島さんのリードをほめたい。得点をした人や、うまく投げきった投手もすばらしかった

が、捕手の役目は目立たないが、非常に重要である。野球部の監督をしていたから分かる

が、捕手はチームの要である。イチローや松坂、ダルビッシュ、、岩隈、青木などをほめる人

は多いが、城島さんの功績をたたえた人はあまりいない。私から陰のMVPを差し上げたい。

しかし、それにしても決勝戦は見ているだけで胃が痛かった。選手、監督など実際に出場し

た人はもっと大変だったと思う。本当に良かった。宮崎にWBCの練習見に行った甲斐があ

ったぞ。サムライJapanおめでとう!

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

子供は親を選ぶ

 最近、他人様の赤ちゃんや幼児を見るたびに、心が和んでくる。自分の年齢的には

もう、孫みたいな子供たちであるが、なんともかわいい。私はもうじいさまになったか?

ほんとに小さな子供たちの顔や仕草や言葉は、人の心を癒してくれる。(育てている

ご当人は子育ての忙しさや苦労で忘れているかもしれないが、忘れないでね)

ところで、昔は親に反抗するときの決まり文句として、「産んでくれと頼んだ覚えはない」

というのがあったが、これは事実(?)に反するそうである。子供は、生まれる前に自分

の人生をある程度設計して、この両親ならと親を選んで生まれてくるそうである。(事実

確認できないので、あくまで霊界に詳しい方の受け売りである) つまり苦労する家庭なら

そこを覚悟して生まれてくるし、親は選ばれたのである。だから子供は親の所有物では

ない。別の立派な魂を持った存在である。その魂の人生計画を実現させてあげることが

親の役目であろう。だからその計画を思い出させるためには、人生、生き方、愛、思いやり

心、悲しみ、喜びなどについて、感受性豊かな子供に育てることが大切かなと思う。

自分としては、良い絵本を読み聞かせたり、自然に触れさせたり、親戚や近所の人々や

同年齢との子供との触れあい体験を多くさせたりすることを意識してやってきたかなと思う。

忙しい中にも愛情を込めて接すること(手作りの食事など)、普段から会話を多くすること

でコミュニケーションを常に図ることも大切かなと思う。今現在の子供の問題と思える点は、

大人や社会の問題点の裏返しという。親はしっかり子育てをしているのかという、子供たち

の魂の叫びかもしれない。選ばれた親たちよしっかりしましょう。せっかく生まれてくれた

子供たちのために。

 

 

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

辞任式

 

辞任式 

 今日は、勤務先の学校で辞任式があった。10名の先生が異動した。私も何度も経験した

 ことがあるが、寂しい。特に残される身にとっては一段と身にしみる。今回の異動では、同

 学年を過ごしたことがある三人の先生が去られることになり、特に寂しさがこみ上げてき

 た。わたしももうすぐ異動するだろうが、年齢からいってあと2回かもしれない。これから

 の日々一日一日 を込めて過ごしたいと思う。異動される先生方、新天地でもがんばって

 ください。どうもありがとうございました。The best of luck to you all !

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

鹿児島の温泉(鹿児島市内編)

 私の好きな鹿児島の温泉を紹介する第2弾である。鹿児島市内の続きを紹介する。

 4 おの湯(塩化泉) TEL 099-229-583   鹿児島市小野3丁目5-23

2009年03月25日 

  国道3号線から、少し奥まったところの住宅地にある温泉である。何度も改装されたので

  ネットにある情報は古いのもある。昔はなぜかジンギスカン鍋が名物であったが、今は

  無い。代わりに岩盤浴ができた。狭いがなかなか気持ちいい。浴槽、脱衣所共に清潔で

  気持ちよい。湯船はそんなに広くはないが、明るくて、開放感がある。おまけのように露天

  風呂もあるが、あまり期待しない方が良い。ここの温泉の特徴は、温度がかなり高いこと

  と、お湯が気持ちよいことで、熱い風呂が好きな人にはたまりません!また家族湯もたく

  さんあって2000円前後で入れる。(この値段、国分、姶良地区の人にはびっくりする

  ぐらい高いでしょう!) 温泉そのものだけを楽しみたい人には、是非どうぞ。

 5 たぬき湯(みょうばん泉) TEL 099-229-2607  鹿児島市伊敷町4467

20093月25日2 

  国道3号線から、花野団地に上がる途中にある、名物温泉である。あの未曾有の大災害

  であった8・6水害の時も、唯一営業してくれた地域に密着した温泉である。温泉、名産

  品、野菜、花、食堂、マッサージルーム、休憩室、個室と、宿泊以外はほぼ何でもある。

  温泉も広々として清潔である。特にサウナは洞窟サウナ(暑苦しくない)と蒸気サウナと

  充実している。露天は、眺めがいい。特に今の3月は桜を見ながら入浴できて、おつで

  ある。ここの休憩スペースのマッサージ機は、おそらく今まで体験した中で最高品質で

  ある。(ただし300円と少々高い) あとここの食堂は、実においしい上に、量が半端無く

  多い。下手に2品など頼むと食べきれないぐらい大盛りである。お腹が減ったときには、

  風呂に入らなくても食べられるので、利用客は多い。日帰り温泉としては鹿児島市内

  では庶民的で一番充実していると思う。ただし人気があるので、土日祝日や普通の日

  の夕方はかなり混むので、ゆっくりしたときは時間帯を考えていった方が良い。

 6 吉野温泉(炭酸水素塩泉) TEL 099-244-2610  鹿児島市下田町691-8

 3月25日3

  昔、吉野温泉センターと言っていたが、昨年改装されて吉野温泉と名前が変わった。

  入ってすぐ、おじちゃんが受付に座っていて丁寧にポイントカードについて教えてくれた。

  公衆浴場でポイントカードがあるのは珍しいと思う。(おそらくここだけか?)

  浴槽は広く気持ち良い。湯も良質で、くみに来る人もいる。ここは露天はないが十分

  楽しめる。男湯と女湯が週替わりで変わるようである。円形風呂と歩行浴が別々になって

  いる。何度もきて欲しい作戦か?小さな食堂もある。派手さはないが広々として気持ちの

  良い温泉である。

   

テーマ : 鹿児島
ジャンル : 地域情報

映画雑記(その5)

映画は本来娯楽だと思っている。基本的に楽しいのが好きである。特にコメディーは

一時期本当にはまった時期があって、毎週のようにレンタルでコメディを借りていた時

もあった。その中でも特に好きな人は、スティーブ・マーティンで、作品によっては死ぬほ

ど笑い転げた記憶がある。お薦めはたくさんあるが、1本だけ紹介する。タイトルは

「大災難(原題Planes、Trains、Automobiles(このタイトル自体がPTAのパロディ))」。

感謝祭を家族と一緒に過ごそうと、ニューヨークからシカゴに向かう男が数々の災難に遭遇

する姿を描くコメディであるが、実におもしろい。まあ一度見てください。笑えます。

ついでにほろりともするかも…。

 

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

メタボの罠

 皆さんは、昨年度から実施されているメタボ検診受けました?実は私はこの検診に

ついては、実施が決定される前から疑問に思っていた。この検診内容は,実にいい加減

に作られているのである。厚生労働省が作った制度だから正しいとは限らないのは、

今では当然とも言えるが、改めて詳しく調べてみて、この検診が、科学的データなしの

とんでもないものだと分かって、驚き怒っている。あまりにいい加減な事例が多いので

全部は紹介できないが、一部顕著な例を示す。この検診制度、そもそも生活習慣病の

人を早期に発見して、その結果保険診療費を押さえようというのが目的だったはずだが、

実は、病気と判断される人が増えて、逆に診療費が増えてくるのである。その内容であ

るが、まず腹囲の男子85センチ以上、女子90センチ以上は要注意というのは、国際的

にも批判されている日本だけの基準である。諸外国は男子の腹囲が大きい。当たり前

である。この基準、最近になってやっと厚生労働省は見直すと言っている。

その他にも、ちょい肥満はそんなに問題ではないのに、痩せすぎに対する警告はない

とか、ちょい高血圧より、降圧治療(血圧を下げる薬物治療)のほうが危険なのに、問題

視されていないとか、製薬会社と臨床学会と厚生労働省のメタボ検診に対する癒着疑惑

にほとんどまともに答えていないとか、闇だらけである。みなさん、覚えていますか。

2007年8月14日伊勢市の男性課長が、市幹部が減量挑戦に挑んでいたときジョギング

中に倒れ死亡した事件を。このときNHKも厚生労働省も沈黙を通した。無理して、減量す

る必要はない。少しぐらいのメタボは当たり前。メタボ対策で死亡したらそれこそ本末転倒

である。メタボ基準値を大きく上回りすぎたり、本当に病気が発見されたときは、治療する

べきである。私は病気が発見されたので、減量に取り組んだが、今はあまり無理はしてい

ない。標準体重より3キロほど多いが、全く気にしていない。このメタボ検診の問題点につ

いて鋭くメスを入れた本があるので、興味のある方は一読をお薦めする。

(大櫛陽一著 「メタボの罠」(病人にされる人々):角川SSC新書) 

テーマ : ダイエット・美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

桜が咲いた

2009蟷エ03譛・1譌・_P3210004_convert_20090321182416 

全国的に桜前線が北上中である。鹿児島では3月19日に開花宣言された。九州は21日に

長崎が最後に開花宣言して、全県咲きましたよ。家の近くの桜並木の名所である紫原では、

一斉に咲いていてきれいである。桜の種類によっては、もうとっくに葉桜になっているところも

あるし、今年は例年より早いかなと思う。上の写真は近くの公園にある桜である。夕方撮影し

たのでちょっと暗いが、とってもきれいだったのでアップした。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

本日の新発見英語(その4)

今日は少しお堅い英語から離れてみよう。

1 ache for (~したくてたまらない)

 I was aching for you.(君に会いたくてたまらなかったよ。)

  ache ~したくてむずむずする。あこがれる。(心が痛むという意味もある)

 これ、恋人同士が使う表現なので、使う人を間違えないように。

2 go ape (over, for) (~に夢中になる。)

 My son goes ape over hard rock music.(私の息子はハードロックに夢中

 になっている)

 猿になる、ではないのでご注意を。他には、調子が狂うとか、ひどく怒るなどの意味

 もある。最近wowowで「Go ape」というドラマが作られたが、この場合は怒り狂うと

 いう意味で使っているようだ。

3 to a T (ぴったり、正確に)

 The dress suits you to a T.(そのドレスあなたにぴったりよ。)

 これも初めて聞く表現だったが、よく使う表現だそうである。to a tittle

 (小さな点までぴったりと)という表現からできたらしい。  

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

好きな音楽(その5)

 私は音楽を睡眠剤として使うことが多いが、今日はその最後のアーティストを紹介したい。

6 シークレット・ガーデン:家内と以前「冬のソナタ」にはまった時期があった。そのサウ

ンドトラックをよく聞いている。で、その雰囲気を持った曲が「ソング・フロム・ア・シークレット・

ガーデン」である。この曲を歌っているのがシークレット・ガーデンである。彼らは、ノルウェ

ー人のラルフ(男性)とアイルランド人のフィンヌーラ(女性)の二人組であるが、ヨーロッパ

以外では韓国と中国で大人気のペアである。彼らのコンセプトは自然とリラックスである。

私のためにあるようなペアだ。聞いていると自然に涙がこぼれてくるような美しい歌声であ

る。「ソング・フロム・ア・シークレット・ガーデン」はペ・ヨンジュン主演の「若者の日向」の

主題歌として使われて、韓国では爆発的ヒットになったが、日本では今ひとつ知名度が

ない。彼らのベストアルバム「ドリーム・キャッチャー」をいま聞いているが、涙を流しながら

心が癒されていく。泣きたくなったら聞くと昇華されるアルバムである。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

好きな音楽(その4)

女性の歌声は聞いていて、心が安らぐ。今日は前回の続きの歌手たちを紹介しよう。

3 エンヤ:最初この人の名前を聞いたとき(もう十数年前になる)は、日本人かと思った。ア

イルランドで地道にゆっくり活動している人である。日本ではCMや映像のBGMとして多用さ

れたので、「この曲良い曲だけど何て言うのかな」という曲が多い。私は不眠の時期があっ

て、この人の曲を入眠剤として使っていたことがある。実に雰囲気がアイルランド的で、聞

いていて気持ちのいい曲が多い。ヒット曲は多いが、私の好きな曲は「オリノコ・フロウ」、

「エニウェア・イズ」「アマランタイン」「ワイルドチャイルド」などである。最近では、映画

「冷静と情熱のあいだ」の音楽として使われたりして脚光を浴びているが、彼女の音楽活

動は実にマイペースで、慌ただしくないのが小気味いい。

4 ケルティック・ウーマン:5人組のアイルランド人女性のグループである。まだデビュー

して数年しか経っていないが、大ヒット曲「ユー・レイズ・ミーアップ」を実に美しい声で歌っ

ている。この曲はあとで紹介するシークレット・ガーデンが歌った曲だが、荒川静香さんの

BGMとして使われたり、panasonicのテレビのCMとして使われてたりして有名になったの

でご存じだと思う。この曲のCDを聴きながら、涙を流している自分がいる。実に美しい。クラ

シックの曲から民族音楽、ポップスまで歌える曲の幅が広いのが特徴だが、基本ケルト語

(アイルランドの言語)で歌っているので響きが美しい。 

5 シセル:たぶんあまりご存じない方が多いと思うが、ノルウエー人で実に美しい声の持

ち主である。私がこの人を意識したのは、堂本剛と広末涼子主演のTVドラマ「サマー・スノ

ー」の主題歌が初めてである。ドラマのストーリーの切なさに実に合った曲で、今でも涙が

出てくる。また、映画「タイタニック」の主題歌はセリーヌ・ディオンが歌って有名になったが、

実は映画の中でほとんどの場面の曲は、このシセルさんが歌っていたのである。タイタニッ

クの切ない感じは、この人のおかげで醸し出されたといっても過言ではない。大きなCDシ

ョップでないとCDは置いていないが、彼女のベスト盤は持っていて損はない。彼女もクラ

シックからポップスまで幅が広い。もっと知られて欲しい歌手である。  (その5に続く)

  

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

人生に失敗はない

 今日息子の公立高校の合格発表があった。残念ながら、希望通りには行かなかった。

本人はショックを隠し切れてはいなかったが、取り乱すこともなく、先生に落ち着いて

今後のことを相談していた。親子でも話したが、まだ結論は出ていない。でも、私立2校

に特待生合格しているのは、本当に幸せだ。選べる進路先があるだけで恵まれている。

考えようによっては、私立の方が、少ない人数の学科なのできめ細かく見てもらえる可

能性が高いと思う。公立であろうが、私立であろうが、これからが勝負である。いつまでも

くよくよせず、前向きに考えた方が良いことを息子も分かってくれたと思う。人生に失敗は

ない。あるのは貴重な経験である。この経験を良い方向に生かしてがんばってほしい。

応援してくださった皆様ありがとうございました。息子は元気です。また入学後の様子でも

アップします。

テーマ : 受験生日記
ジャンル : 日記

好きな音楽(その3)

私は洋楽が好きで、今でもロックもディスコサウンドもよく聞くが、特にここ4~5年よく聴くよう

になったのが、女性ボーカリストの曲である。特によく聴くのが、サラブライトマン、ヘイリー

エンヤ、ケルティックウーマン、シセル、シークレットガーデン(これは男女2人)の6組である。

このうちの何人かは聞いたことがある名前だと思うが、初めて聞くという名前もあると思う。

この人たちに共通しているのは、そのたぐいまれな、美しい歌声である。ヒーリングミュー

ジックに分類されることもある。今回は、曲数があまりに多くなりそうなので、それぞれの

代表曲(私の好みであるが)を紹介していこうと思う。

 1 サラブライトマン:イギリス人で、クラシックとポップを融合した人の一人である。

彼女の「Time to say goodbye」はなんとシングルで全世界で1500万枚以上売れた

超メガヒットである。クラシックの基礎があるのでオペラ歌手としても充分通用する。

日本のテレビ局は彼女の曲をよく使うので耳にする機会は多い。あとの代表曲は

「Question of Honor」「Ave Maria」などがあるが何でもこなせる歌手である。

何度聞いても感動する。歌い上げるような歌唱法でとてもすばらしい。

 2 ヘイリー:ニュージーランド人で22才の若い歌手であるが、彼女を日本で一躍

有名にしたのが「アメイジンググレイス」である。「白い巨塔」のテーマ曲として効果的

につかわれ、その後本田美奈子さんの追悼のため、NHKでバーチャル競演したのは

記憶に新しい。彼女の「アメイジンググレイス」が私は一番好きである。歌詞の意味を

深く知れば知るほど、彼女の歌い方がしっくり来るのである。

(その4に続く) 

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

映画雑記(その4)

 今年から裁判員制度が始まるが(私は個人的にはこの制度に反対であるが、法律で決ま

った以上は従う。)、この制度とは少し違う陪審員制度について、日米で面白い映画がある。

アメリカ側のは、1957年の「12人の怒れる男(原題Twelve Angry Men)」である。これ

は法廷ドラマとしても、人間ドラマとしても超一流の作品である。何とシーンはほとんど1カ

所だけである。カラー作品ではないが、脚本が実にいいので飽きさせない。真剣に人を裁く

とはどういうことかを考えるにはうってつけの作品である。おすすめする。

日本の作品は前出の作品を少しパロディー化した「12人の優しい日本人(三谷幸喜脚本)」

というのがある。この作品だけ見ても充分楽しめるが、アメリカの「怒れる」版を見ておくとよ

りいっそう楽しめる。実に面白い。しかし面白いだけの作品ではない。こちらも人を裁くって

簡単じゃないなあと考えさせてくれる。最初見たときは、こんな事日本ではあり得ないと思っ

て見た記憶があるが(1991年制作)、まさか似たような状況が現実に起こるとは思ってい

なかった。三谷さんは先見の明がある。裁判員制度の模範ビデオなど見るより、こちらの

2作品を見た方が為になること請け合いである。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

パソコンは消耗品?

 私のパソコンは今8台目である。その間にワープロも5台ほど使った。まあ22年間で

13台なので、そんなにめちゃくちゃ多い方ではないが、しかし考えてみれば、機械本体

と周辺機器(スキャナーや外付けハードディスクなど)、ソフトに費やしたお金は莫大で

ある。車が5台目であることを考えれば、よくもまあこれだけ使ったなという気もする。

パソコンも初期の頃から、バージョンアップが激しくて、機械本体を動かすOSもMS-

DOSやCP/Mなどという時代物(もう知っている人もいないかも…)からwindows3.1

からwondows95、98、Me、XP、Vistaと次々と変遷してきた。しかし、車はガソリンさえ

入れれば、どんなにバージョンアップしようが動くという目的は変わらないが、パソコンの

場合は、本体が(OSが)バージョンアップしてしまうと、昔のソフトが使えなくなったり、

上手く動かなくなったりすることは普通にある。しかも今の時代、Windows Me以前の

OSはもう動作を保証しないし、サポートもないのである。(これはひどいことなのです)

Windows XPは販売は終わったが、品質は改善されたため、サポートは2014年

まで継続される。(ちなみにVistaは2012年までなのである。) この本体を動かす

ためのOSのバージョンアップで、パソコンが快適に動くようになったかというと、そう

でもない。特に出たばかりの頃は欠陥だらけである。XPですら出たばかりの頃は、

酷評されていた。今のVIstaなど、無駄な機能だらけ(もちろん良くなった点もあるが)

で、ホントに必要な機能だけ欲しい人にとっては超重量級のOSで重すぎる。今の

Vistaはあまり評判はよろしくないため、マイクロソフト社は次のOSを2010年初頭

に発売すると言っているが(名前はWindows7)、これもどうなるか分からない。

パソコンはあまりに多機能を求めすぎて、本体が化け物みたいにでかくなっていって

しまい、前の製品を次々と捨てているが、消耗品にしては高すぎる。私は(家族も

含めて)毎日、しかも何度もパソコンを使うヘビーユーザーなので、パソコンはある

程度の値段がしても長く使える製品が欲しい。しかし現実には古いOS搭載のパソコ

ンは市場から消されていく………。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

セロはすごい!

090307_1646~01 

今日は、息子とセロのマジックショーに行ってきた。私も息子もマジックは大好きである。

かなり昔から、テレビでよく見ていて楽しんでいたが、実際のショーをみたのは初めてだ

ったので興奮した!しかし彼のマジックはマジックと分かっていても、不思議である。

絶対種があるはずなのだが、素人では絶対に分からないものばかりである。まあ

それが楽しいのであるが。最近ネットで彼の種明かしを公開しているサイトがあるが、

馬鹿じゃないかと思う。種が分からないから良いのであって、その楽しみを奪って何が

おもしろいのか分からない。まあ無視するから良いか。とにかく(内容はいえないが)

無条件にセロはエンターティナーである。最後までたっぷり楽しませてもらった。

You're one of the the greatest magician of the world!

(上の写真はセロ本人ではない。そっくり人形である)

 

 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

丸刈り強制って…

 今朝の新聞に、丸刈り強制「人権侵害」とのっていた。鹿児島県内には、まだ校則で丸刈り

を強制している中学校が39校あるそうである。そのうち9割以上が大島地区に集中している

ため、県の弁護士会が丸刈り廃止を、県と地区の教育委員会に勧告したそうである。

で、不思議なのは丸刈りを強制している理由があいまいなまま、未だに続いているこの

現状である。県の他の地区ではもうだいぶ前に、丸刈り強制の是非について、生徒、学校

PTAなどで話し合い、きちんとしたルールを作って廃止にした学校が多いと聞く。大島地区

で反対している人たちは誰なのか?そしてこだわる理由は何なのか?分からない。

もっと生徒に考えさせ、ルールを作らせて、試行させてはどうなのか。普通の髪型にして

何が不都合かわからない。以前勤務していた学校でも、この廃止までの過程を見てきた

が生徒はちゃんとやるものである。全国的にも、丸刈り強制(あくまで強制が!)廃止が

当然な流れなときに、生徒の希望を押さえてまで維持すべき校則とはとても思えない。

大島地区の校長先生たちの、前向きな改革推進に期待したい。ちなみに私の中学時代

(熊本市内)は、すでに40年前に廃止になった。もちろん特別問題も起きなかったし、

丸刈りしたいやつはしていたし、それが自然だった気がする。むしろ中学生にとって、

気をつけるべきことは、ネット被害、携帯裏サイト、ネットいじめなどのほうである。

エネルギーを注ぐ観点がずれてはいけない。

 

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

遅れたひな祭り

P3050001_convert_20090305195646.jpg 

我が家は3人娘(2人20代、あと一人は?代)がいるので、3月3日はひな祭りをして

楽しんだ。が何とひな人形を準備したのは3月3日の夜!実家に置いてあったので、

なかなか取りに帰る暇が無くて、遅れてしまった次第である。お内裏様とお雛様だけ

ではあるが、やはり飾ると良いものである。人吉や日田のひな祭りもすばらしいが、

我が家もいい。ちなみに上の写真の上部に見えるのはぐりとぐらである。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

鹿児島の温泉(鹿児島市内編)

 私は無類の温泉好きである。鹿児島県は全国でも有数の温泉王国であるが、特に市内

の公衆浴場のほとんどが温泉というのは,全国にも例が少ないと思う。幸せである。

ほとんど、市内の浴場は制覇した。ただ、まだ行っていない箇所も数カ所ある。早く制覇し

たい。その中で、自分のお気に入りを数回にわたって紹介したい。

1.新川温泉(塩化温泉) TEL 099-255-4032 鹿児島市唐湊4丁目7-8

新川温泉

    わりと、こぢんまりした温泉である。内部はとても清潔で、温泉もつるつるして気持ち

   いい。露天風呂も家族湯(これ鹿児島では普通にあるのですよ!)もないが、普段

   通う温泉では実にいい。番台のおばちゃんも親切で、愛想も良いですよ。

2.芦刈温泉(ナトリウム炭酸水素塩泉) TEL電話 099-229-0800 鹿児島市若葉町45-1

 roten02a.jpg

   市内の中で純粋の温泉(沸かし湯なし)では、一番清潔で気持ちいい。ひのきの深層

   浴槽が熱めで気持ちいい。また、上の写真は露天風呂であるが、これも公衆浴場とは

   思えないほど情緒がある。サウナもあり、小さいながらも施設は充実している。食事処

   や物産販売、マッサージもあり、ミニ憩いの場である。人気があるので、いつ行っても

   込んでいるので、時間帯は考えて行った方が良い。ちなみに私は休みの日、朝一番

   6時の開店を待って行く。それでも順番待っている人がいるよ!

3. みょうばん温泉まきばの湯(アルカリ性湯?:源泉質不明)

  mmakiba7.jpg

   鹿児島市下福元町 6341-3, TEL 099-261-1234,

    市内の温泉の中で一番新しい温泉である。ここはスーパー銭湯タイプの温泉銭湯で、

   一般銭湯コースが360円で、あと岩盤浴がある悠湯コース(1480円:平成21年3月1日

   現在値下げ中で1200円!)と家族風呂もある。(値段は1980円)。

   湯船はコースで違う。湯船だけを楽しみたいなら、一般コースがおすすめである。

   虹色ジャグジーや歩行浴,電気湯、サウナ、露天風呂(浅いが)もあり十分楽しめる。

   ただ天井から、しずくがしょっちゅう落ちてきてひやっとするのは参った。

   あと、岩盤浴コースも良かった。岩盤浴の装置がカプセルスライド式で、部屋全体

   を暖めるタイプではない。温度も自分で調整できる。ただ、中までおばちゃんが説明

   したり、準備をしてくれるので、最初はどきっとするよ!(もちろんパンツと岩盤浴着は

   料金込みで貸してくれますので)。また、500mlのペットボトル水も料金に入っている

   のでお得である。岩盤浴コース、男性の方は利用者がまだまだ少ないので、一般コー

   スとは別の湯船をゆっくり使えて気持ちが良い。また、こちらのコースはボディーソー

   プとリンスインシャンプーは備え付けてある。(ただし3月5日現在、岩盤浴コースの方

   の湯船が工事中なので事前に確認された方が良い。)

     あと、食事処(居酒屋も兼ねている)と、コーヒーショップもある。また整骨院も

   あるので、ゆっくりできる施設である。ただ、物産品はおいてない。宿泊できるよう

   になるとも書いてあったが、まだできていない。あと従業員のおばちゃんたちが、

   庶民的で、すれていない(ただしてきぱきしてもいないが)ところが好感がもてる。 

テーマ : 温泉浴・岩盤浴・温浴
ジャンル : ヘルス・ダイエット

本日の新発見英語表現(3)

今日は、英語の歌に出てきた表現から学習する。

1.lose sleep (over又はon) (通例否定形で)~を大変心配する、気に

  もむ。

  I won’t lose no sleep on that そんなことは全然気にしないよ。

  (James Blunt :You're so beautiful より)

2.hit lows 気分が落ち込む、最低の気分になる。

  just to hit a new low 落ち込むためだけに

  (hit a new low は底値を更新するという経済用語:その類推から出来た

  表現)

 (Daniel Powter :Bad dayより)

3.roll with the punches 攻撃を避ける。(腹を立てないようにと言う

  くだけた表現)  

  You got to roll with the punches. がまんしないといけないよ。  

  (Van Halen:Jump より)            

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

エルビスとスピリチュアル

 高校生の頃から、聴き続けている歌手が数名いるが、その中でもダントツで1位なのが

エルビス・プレスリーである。彼はロックの帝王と呼ばれているが、そんなに単純な歌手

ではない。ロックはもちろん、ゴスペル、バラードも一流である。彼の生涯をドキュメンタリー

で何度も見たが、本当に優しい人だということが分かる。しかし、あまりに人気が出すぎて、

本当に心を許せる人が回りにいなくなってしまい、最後は残念な亡くなりかたをしてしまった。

もう一つ、これはあまり知られていないが、彼はスピリチュアルな世界にものめり込んでい

た。しかし彼ののめり込み方は尋常ではない。霊的な世界や生まれ変わりは信じても、

自分のひどい生活(薬、ジャンクフード、性的みだれなど)を改善しようとはしなかったらし

い。これは霊的な世界の誤ったとらえ方として、反面教師として生かすようにしている。

生まれ変わるから、現世界では悪いことでも何でもしても良いということではない。霊界が

私達の現世の楽な、乱れた生活を応援するわけでもない。むしろ、逆である。中途半端に

霊的世界を知ってしまうと、エルビスのように誤った生き方をしてしまうことになる。

スピリチュアルな世界を読むときは、生き方として現世の常識とかけ離れたことを唱えて

いるものは要注意である。(霊界があることは前提であるが) それより、霊的な世界は

知らなくても、現世で美しい、正しい、善いと思えることを実践している事の方が大切で

ある。自分の心の中で、善いと思ったことはすぐに行動し、いけないと思ったことはやめる、

これがスピリチュアルな生き方の基本である。

 

 

 

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

映画雑記(その3)

 最近、心温まる映画というものにあまりお目にかかれない。派手な宣伝をした割には、

えっと思うようなのが多い。そんな中で、昨年見た「ミス・ポター」はおすすめである。

ピーターラビットの作者で、イギリスのナショナル・トラスト運動にも貢献した

ビアトリクス・ポターの半生を描いた映画である。最初、宣伝用のポスターを見たときは、

よくある伝記物で、退屈なストーリーかなくらいに思っていて、劇場では見なかった。

ところが昨年、wowowで放送されたので、ま、見てみようくらいの軽い気持ちで見たので

あるが、一言「良い映画だった」である。節度があり、美しく、暖かく、そして少し切なく、

本当に心温まる映画だった。個人的には、あのピーターラビットの絵本が、どのように

して出来たのかに興味をそそられたが、そのようなことに関心が無くても充分に鑑賞に

耐えうる映画である。私は昔から、イギリスに関心が高く、一度は訪れたいと願って

いる国であるが、この映画を見てますます行きたくなった。女性を対象に作られた映画

かもしれないが、男性にも見て欲しい映画である。

 

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。