龍門滝温泉

今住んでいる場所の近くには、温泉があるにはあるのだが、数が少ない。今まで紹介した中では、船津温泉、フォンタナの丘かもう、重富温泉がベスト3だった。ただ、あと1ヶ所まだ行っていない温泉があったので、今日出掛けてきた。「龍門滝温泉」である。狭い道を行くので、入り口がわかりにくいが、駐車場や敷地は広い。
ryumononsen1.jpg ryumononsen3.jpg
温泉は姶良市が経営していて、施設はこじんまりではあるが充実している。まず入浴料が250円!安い!男湯は1階、女湯は2階に分かれている。湯舟は半円形の広い湯舟が1つと、サウナ、水風呂がある。露天風呂はないが、広い湯舟から滝が目の前に眺められる。ほんとに癒される最高の眺めだ。こんなに安い公衆浴場で、滝が見られるところは他にはないかも。但し湯温はぬるめなので、熱いのが好きな人にはものたらないかもしれない。私はゆっくり浸かることができて気に入った。
休憩所も男女別にあり、ジュース類・アイスはもちろん、地元の特産品や野菜,お土産も売っている。土日祝日は、昼時は食堂も充実していて定食や軽食が食べられる。(午後2時以降は、カレー・うどん・そばだけ)。近くにこんな充実した温泉があるとは知らなかった。お勧めです。

スポンサーサイト

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

山江温泉

お盆は、お墓参りと疲れであまり活動せずゆっくりしたが,どうも物足らなくて、お盆明けに人吉に温泉探しに出掛けた。今回は人吉インターから4キロほど離れた場所にある、「山江温泉ほたる」という所に行ってみた。郊外の田んぼの中にある、大きな施設だ。温泉施設は、男女湯が日替わりで入れ替えられる。行った当日は、左側の湯で、大きな浴槽、水風呂、2種類のサウナ、浴槽が2つの露天風呂(水とお湯)があった。とても清潔で良い湯だった。露天風呂も良い雰囲気で、久し振りにゆっくり湯を楽しめた。洗い場もきれいで、ボディソープとリンスインシャンプーは備え付けだ。温泉上がりには、無料休憩所とドリンクコーナーと売店がある。また、別棟には特産品販売所があり、栗ソフトクリームがあった。栗は名物らしい。ここは宿泊も宴会もできる。ちなみに入浴料は400円。リーズナブルだ。また家族で来たいと思った。お勧めです。
hotaru1.jpg hotaru2.jpg

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

隈之城温泉

kumanojyo.jpg 
薩摩川内市には高城温泉という名湯がある。だが市内の中心部には、昔は温泉が多かったのだが、最近は施設がつぶれたり、古くなっているところが多いので、あまり行くことは無かった。しかし、先日隈之城地区に、隈之城温泉という、宿泊もできる温泉を見つけて、早速入ってみた。民宿主体の温泉で、2007年にオープンしたらしい。まだ新しくて、清潔で、地元の人が多く来ていた。浴槽は、温湯が1(男湯は円形、女湯はL字型)、水風呂が1で,ミニサウナもある。露天風呂はない。泉質はナトリウム・炭酸水素塩泉ということだ。すごく気持ちがよかった。また受付の前には、休憩所と売店がある。更衣室には100円リターン式のロッカーがあり便利だ。ただし、備え付けのアメニティーはない。入浴料は300円である。外には、温泉が飲めるところもあるが、大量のくみ取りはできないので注意。国道3号からの出入り口は狭いので、運転は慎重にした方が良い。 こぢんまりした、アットホームな温泉だ。

テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

ゆかいだ つれづれの湯

日置地区は古い温泉場が多くて有名だが、そのため新しい温泉は少ない。それでも少しずつではあるが新しい温泉もできていて、以前1ケ所「錦龍館」という温泉を紹介したが、さらにここより奥地に、2009年にできた「ゆかいだ つれづれの湯」という温泉がある。以前は温泉だけを販売していたそうだが、人気があったので入浴施設を作ったそうだ。結構作りがシックで、良い雰囲気の温泉だ。入り口はまさに古民家である。
yukaida.jpg 
風呂の中は、お客がいっぱいで撮影できなかったので、画像はないが、受付、休憩所、脱衣所、そして日替わりで変わる、檜の湯舟と、石造りの湯舟などすべてが大人向けの作りである。ここの温泉は硫黄泉で、浴槽に浸かると温泉独特のすべすべ感があり、良い温泉だ。露天風呂はないが、それでも十分温泉そのものを楽しめる。ボディーソープ、リンス、コンディショナーも備え付けなので、着替えだけ持って行けばよい。温泉は源泉が88.2度で、それを冷泉で冷ましている源泉掛け流しの温泉である。そしてミストサウナもあり、熱い源泉からできる自然の蒸気を利用しているので、不思議と息苦しくないサウナだ。風呂上がりの休憩所では、冷えた温泉水が自由に飲めるほか、セルフでコーヒーも無料で飲める。夏は庭で休憩もできて、良い眺めを楽しむこともできる。サービス満点の温泉だ。料金は大人500円だが、十分その価値はある。場所はわかりにくいので、ナビを使うか、湯之元駅近くの商店街で訪ねてみたらよいかも。住所は日置市東市来町湯田4256:電話は099-274-5905だ。お勧めの温泉です。

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

薩摩明治村

meijimura.jpgmeijikura2.jpg
鹿児島の垂水市周辺には知る人ぞ知るみたいなマニアックな温泉があちこちにある。鹿児島市からフェリーでも近いし結構人気がある。その中でも毛色の変わった温泉が「薩摩明治村」である。ここはあの「財宝温泉水」を生産している会社が作っていて、宿泊・食事もでき、温泉施設もあるミニ保養所みたいな所である。 工場のすぐ近くに入り口がある。温泉は、家族湯や、貸し切りの化粧水風呂(財宝温泉水を使っている)や貸し切り五右衛門風呂もある。私は普通の大浴場に入った。内湯はちょっと狭いが、清潔でゆず湯になっている。温度もちょうど良い。また、露天風呂が広くて眺めも素晴らしい!行った当日はかすんでいたのだが、晴れた日は錦江湾の眺めがもっと良くて人気の露天風呂みたいだ。しかも、ボディーソープ、シャンプー、リンスも備え付けで大人360円である。安い!今度は直営のレストランやすぐ近くにある展望台にも行ってみたい。お勧めの温泉です。

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

針持温泉

旧大口市、現在伊佐市には昔良く行っていたが、ここ20年近くはご無沙汰していたので、久しぶりに遊びに行ってみた。町並もずいぶん変わっていて、昔あった店はつぶれ、新しい店舗が多くなっていた。買い物に来たわけではないので、さつま町に近いところにある、針持温泉に行ってみた。ここは昔は「関白陣」と言っていたそうで、現在は「針持温泉つるつる美肌美人の湯」となっている。ここは、日帰り入浴ができる大浴場と、貸し切り露天風呂と宿泊施設がある。ここの名物は庭園付き貸し切り露天らしいのだが、ちょっとお値段が贅沢なので大浴場にした。こちらにも露天があるし、内湯もきれいで、いい雰囲気の温泉だ。アメニティは有料なので、石けん、シャンプー類は持参した方がよい。入浴料は360円である。また食事処もあり、ゆっくりできる温泉だ。いつか貸し切り露天に入ってみたい。
harimochi.jpg

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

カジロが湯

霧島地区は温泉で有名で、旅館やホテルの温泉は多いが、公衆浴場は無かった。大昔は湯治場だったのだが、観光地化してしまったからは、誰でも入れる湯場は無くなったのだ。で、この地区の古い温泉の開発に関わっていた前田嘉次郎という人から名を取った、前田温泉「カジロが湯」という温泉が、この霧島では唯一の公衆浴場である。(完成は平成17年)丸尾の交差点からすぐの所にあるので分かりやすい。料金は330円。備え付けの石けん類は無い。内湯は広いし、湯の花があり、たっぷり温泉気分を味わえる。また、露天風呂もある。こぢんまりしているが良い温泉である。また受付には、ゆで卵も売っている。隣には食事ができる喫茶店もあり、夏場はかき氷がおいしいそうだ。立ち寄り湯としてはお勧めである。
kajigaro1.jpg  kajigaro2.jpg

テーマ : 銭湯・温泉・健康ランド
ジャンル : 地域情報

城山温泉

霧島市の中の国分に、シティホテルイン国分というホテルがある。18年ほど前に一度だけ宿泊したことがあるのだが、ここには天然温泉がある。城山温泉センターという所だ。もうすっかり忘れていたのだが、最近寄ってみた。ホテル宿泊者も外部の人も普通に入れる公衆温泉だ。国分の中心部には温泉は意外に少ないので、お客は多い。湯舟は内湯が水風呂も含めて3つある。露天風呂もある。新しくはないが、温泉らしい温泉だ。飲用水もあり、汲みに来る人も多い。また国分京セラのすぐ裏にあるので、仕事帰りのサラリーマンも多い。料金は360円。また、1,200円で休憩もできる。ちょっとした街中のオアシスだ。お勧めします。

テーマ : 銭湯・温泉・健康ランド
ジャンル : 地域情報

ふじの湯

日当山温泉は、どちららか言うと家族湯が多い。公衆浴場もあるがあまり目立たない。しかし、その中に最近、いい温泉を見つけた。「ふじの湯」というところだ。内湯は湯船が5つ(1つは水風呂)あり,広いのでゆったりできる。洗い場も結構広い。湯温も熱めで気持ちいい。また最大の特徴は、露天風呂が広いのだ。湯船は2つある。深さはあまりないが、温度はちょうどよく、ゆっくり浸ることができる。料金は300円で鍵付きロッカーも10円であり、良心的である。そんなに新しくはないが、いい温泉だ。立ち寄り湯としてはおすすめである。
fujinoyu.jpg

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

安楽温泉「朱峰」(シュミネ)

霧島地方に、天降川という川がある。その川沿いには有名な温泉街がある。妙見温泉、天降川温泉、日当山温泉などである。その中でも、古くからある湯治場のような温泉街で、安楽温泉というところがある。新婚時代に一度だけ立ち寄ったことがあるのだが、もう20年以上も前のことだ。で最近、久しぶりに寄ってみた。寂れたところもあり、改築したところもあるが、その中でも人気のあるログハウス風のペンション「朱峰」という温泉に立ち寄った。ここは先代の時代には「安西チエ湯」と呼ばれていて、平成14年に新しく立て直して、きれいになっている。家族経営で、若夫婦が入り口で温かく迎えてくれる。立ち寄り湯は500円だ。タオルと着替えがあればよい。内湯は浴槽が3つあり、そのうち2つは加水してあるので、気持ちいいが、寝湯は源泉(50度近く!)なので、加水しないとやけどをするので注意。露天風呂もあり、とても雰囲気がよく気持ちががいい。内湯も露天もこぢんまりして、大浴場ではないが、湯治場の雰囲気を十分味わえる。また、ここは1000円ランチが有名で、おいしいと評判である。ランチ+温泉+休憩など色々なプランがあるので、ホームページで確認していくとよいと思う。それにしても土曜の昼間なのにお客が少なくさびしいね。皆さん是非ランチでも行きましょう。
 shumine1.jpg shumine2.jpg

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード